未来日記の書き方

未来日記の書き方

自分の未来について、自分自身で書くだけ。

書き方は自由で、普通の日記のように綴ってもイイし

1週間の変化をまとめて書いてもイイ。

季節ごとや、1年分まとめてもOK。

ただ、その内容が未来って言うだけ。

そして、理想の未来を現実形で書く。

未来の自分を先取りしてイメージして書く。

ただ、本当にその未来にいる気分になって書くことが大事みたい。

こうだったら良いなあ、とかじゃなくて

こんな状態なのって幸せ!みたいな気持ちになるっていう。

まるで、自分がその時間に確かに想像しているような気持ちを抱きながら書く。

っていうことは、あんまりモヤモヤしないで、

ただただ、軽い気持ちで書いていた方がいいのかも。

バスケでも、体に力が入り過ぎるとシュートが入らない。

リラックスした気持ちで、自分の未来を信じる感じなのかな。

フワッとした気持ちで、しっかり信じて書いてみる。

私が思ったこと

なんか、未来日記って簡単に書けそうだなって思ったんだ。

どういう気持ちで書くとか、そういうコトじゃ無くて

書くっていう行為自体は好きだったから。

だから、書いてみようって思ったんだ。

ただただ、自分の気持ちを書いて見たい。

こんなんだったら、あんなんだったらって書き続ける。

だんだん、慣れてきたら、未来にいるような気持ちとか

そういうコト考えてみよっかな。

書いて書いて、自分の気持ちを確認してみるのもいいよね。

しかも、私の妄想癖がこんなところで、役立つとは。

私ね、ちっちゃい頃から、妄想がすごくて、

いつも、自分が今にいなくて

頭の中の妄想の方が本当のような感覚になったりしてたんだよね。

しかも、それが徐々に、ネガティブな方への妄想が多くなっていって

苦しかった。

こんなネガティブ野郎な私の頭ん中でも

楽しいことを考えてみたい。

楽しく生きてみたい。

自分が楽しくなるようなこと考えてワクワクしたいなぁ。

苦しかったなぁ。

辛いことばっかり考えて生きているのは。

だから、これからは、先に楽しいことを考えて、

それを私が進む道に先にちりばめてみたい。

そんなことしたら、どんな毎日になるんだろう。

未来日記の書き方まとめ

1.未来のことを現在形で書く

2.未来にいるときの気持ちを味わいながら書く(楽しい、ワクワク、嬉しい)

で、私には、1番は簡単そうだけど、

2番については自信が無いから、

書きながらそんな気持ちを味わえるようになったらいいな、

というスタンスでやってみよう、という考え方で挑戦しよう。

とにかく、やってみようっと。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。