12月14日の私を検証してみる

※黒字部分が1週間前に私が書いた文章で、赤字部分がその内容を1週間後に振り返って書いています。

12月14日の私

言葉の自分の支配下に置く

言葉を自分の支配下におくことで、喜怒哀楽といった感情や気分、体調までもセルフコントロールすることができる。

たとえ、最悪の気分だと感じる時にも「今すごく良い気分」だと感情を込めて何度も口にするうち、本当にうきうきするような心持ちへと自分で自分を引き立てて行くことが出来るのだと思う。

そうかもしれないけど、難しいなあ。なかなか、そんな気持ちにへと持って行けない時もあるんだよね。まあ、それでも、ただただ言ってみるのが大事なんだろうけど、自分で書いててもなんか上手くできないもんだなぁ。

これからの人生が充実した実りあるものになるのか、そうでなくなるのか、その分かれ目はすべて言葉の使い方にあるような気がする。

「もう歳だから」

「お金が無い」

「能力が無い」

私も周囲も暗くしてしまうようなマイナスの言葉を当たり前のように言わない。

今日は、思わず「あー、今日ってツイテナイ!」って言っちゃって、そこから、瞬時にヤバイ!って気持ちになった。そんなこと言っちゃいけないのに、みたいな。こういう罪悪感も本当はよろしくなくて、ただただ大丈夫、もっと良いこと無い?って言えると良いんだけど、って思う。

こんなこと言ってたら、私の人生はその悪い言葉どおりになってしまう。

だから、私は、楽しい、幸せ、ワクワクになる言葉を言いたい。

「まだまだ若い」

「お金がいっぱい」

「私には能力がある」

「私は素晴らしい」

私は私のことをもっともっとたくさん褒める。

私は、幸せだし、これからも幸せ。

自分や他人の幸せに目を向けて、それを一緒に喜べることに幸せを感じてる。

そんな風にありたい。

これより他にもっといいことが?

とにかく、もっと良いことは?って宇宙にオーダーし続けることが大切なんだろうな、と思う。

よく、宇宙には否定が通じない、と言う人がいて、例えば、「貧乏にならない」という表現だと「貧乏になる」って解釈になっちゃうから、それだったら「お金がある」という表現がいいよねって書かれてたりするんだけど、きっと、そうなんだろうな。

同じことで、このまま貧乏だったらどうしようっていう不安もそのまま宇宙のオーダーとして受け入れられちゃうらしい。だから、不安や恐怖を手放そうって必死にもがいてる。

楽しくオーダー出せるようになりたいな。っていうか、なるって決める。

具体的には

「私は素晴らしい」と10回言う

言ってみた。なんの実感もないけど、続けたいと思う。

空を見る

今朝、空が神々し過ぎて、ちょっと感動した。

この世界にいることに感謝する

感謝してる。

楽しいことを5個書き出す

1.子どもに学校での出来事を聞くのが楽しい

2.結構、人について調べるのが楽しくて、調べてるうちにこの人って、こんなに一面もあるんだ、とか思うと、感情移入できて、なんか、楽しいんだよね。私って、人とのコミュニケーション下手くそだけど、人が好きって言うやっかいな性質なんだと思う。

3.空を見て雲のカタチが綺麗だと楽しい気持ちになる

4.いつか、庭でハーブを育ててる自分を想像するのが楽しい

5.この町が音楽の町になって、子ども達が夢について語れるようなお店を持てたら楽しいだろうな。

臨時収入が入る

無かった…

嬉しい知らせが入る!嬉しい!

特にない

人と話すことが楽しいと感じてる

全然、憂鬱になるばかり

新しいアイデアが盛りだくさんに思いつく

今日は思いつかなかったな。

今よりも良いことが?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。