「まんぷく」(朝ドラ)あらすじ・ネタバレ最終話まで更新中!

2018年10月放送 NHK連続テレビ小説「まんぷく」

2018年10月から2019年3月末までのNHK連続テレビ小説の題材が決まりましたね!

そんな、記念すべき99作目のタイトルは「まんぷく」でインスタントラーメンと関わりのある話なのだそうです。

スポンサードリンク

あらすじ

インスタントラーメンを生み出した日清食品の創業者・安藤百福(ももふく)さんと、その妻・仁子(まさこ)さんの半生をモデルにした内容なんだとか。

ちなみに、日清食品の創業者・安藤百福さんは、台湾出身の実業家で「チキンラーメン」と「カップヌードル」を開発した方なんですよね。

ただ、インスタントラーメンで成功するまでは、失敗続きの事業で苦労したのだそう。

そこから、インスタントラーメンで革命を起こすことになるんですね。

そんな2人の出来事を登場人物や団体は改称したフィクションとして、

戦前から高度経済成長時代にかけての大阪を舞台に、明るくひたむきに生き抜いたヒロイン・福子とバイタリティ-あふれる実業家の夫・萬平の波乱万丈の物語を描くのだそうです。

ヒロインの福子と実業家の夫の萬平をあわせて「まんぷく」となるんですね。

スポンサードリンク

ネタバレ

貧しいながらも愛情いっぱいに育ってきた福子は、戦前の大阪で三人姉妹の末っ子として育ちました。

ある日、父親代わりだった長姉が病気で亡くなってしまい、次姉も結婚で家を出ていき、心細い福子。

そんなときに、バイタリティーあふれる青年実業家の萬平と出会った福子は、恋に落ち、結婚。

しかし、メリヤス、航空機エンジン、製塩、食品加工、金融など、次から次へと事業を手がけては成功と失敗を繰り返す萬平に振りまわされつつも夫も支え続ける福子でしたが、耐えることで強い女性へと成長していきます。

そして、事業に大失敗した最後の勝負として、世界に革命を巻き起こす「インスタントラーメン」を創り出していくでした。

キャストは?ヒロインは?

恒例の連ドラヒロインのオーディションにも注目が集まりますが、まだまだ、かん口令がしかれているのでしょう。未発表のままですよね。

福子 –

福子(子ども時代) –

萬平 –

福子の母 –

福子の長姉 –

福子の次姉 –

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です