「オーファンブラック七つの遺伝子」(ドラマ)原作あらすじネタバレキャスト相関図

2017年12月 2日(土)夜11時 40分 放送スタートのドラマ『オーファン・ブラック~七つの遺伝子~』原作、あらすじ、ネタバレ、登場人物・出演キャスト、相関図をチェックしようと思います。

1人の女優が7人の女を演じわける前代未聞のストーリーに女優・知英さんが挑みます。

BBCのドラマで、アメリカ及びイギリスでシーズン5まで放送した人気海外ドラマ「オーファン・ブラック」を日本版としてリメイクしていますが、日本版では、どのような雰囲気で楽しませてくれるのでしょうか?

スポンサードリンク

ドラマ『オーファン・ブラック』番組概要

企画協力/脚本:青柳祐美子
演 出:村上牧人、渋谷未来、金子与志一
音 楽:fox capture plan
企 画:横田誠
プロデュース:松本圭右、渋谷未来、野田健太
制作著作:テレパック
制 作:東海テレビ

ドラマ『オーファン・ブラック』あらすじ

貧困、社会の無理解、ネグレクト疑惑。負のスパイラルに陥っている元孤児のシングルマザー・青山沙羅(知英)は、娘・萌絵と離れ離れの生活を余儀なくされている。まとまったお金さえ手に入れば、人生をやり直せるのに――
そんなある日、沙羅は電車の飛び込み自殺を目の当たりにする。自殺した女は何故か自分と同じ顔をしていた。呆然とする沙羅の前に、女の鞄が。
ほんの出来心だった。だが女のカバンを持ち去ったことで沙羅の人生は、予測不可能な方向に転がり始め―――

オーファン・ブラック ~七つの遺伝子~|東海テレビ

 ドラマ『オーファン・ブラック』登場人物・出演キャスト

青山沙羅  演- 知英
椎名真緒子 演- 知英 他5役

岩城槙雄  演- 山崎育三郎

青山薫   演- 西銘駿

木村綾乃  演- 滝沢沙織

金城剛   演- 岡田浩暉

ナガセ   演- 高橋努

脇田    演-竹中直人

青山冴子  演-麻生祐未

青山萌絵  演-庄野凛

主演の知英さんとは?

元KARAのメンバーである知英さんが連ドラ初の主演を務めるということで話題になっていますよね!

K-POPの火付け役として2010年に日本での活動をスタートさせたときがまだ16歳だったので、2017年現在でも23歳という若さ。これから、女優として魅力をどのように発揮してくれるのか楽しみですね。

そして、日本語がとにかく上手なのですが、たまにセリフ回しが気になったりも…。これが演技に影響するのか、見守っていきたいところですね。

また、今後は日本だけでなく中国でも積極的に活動をされていくようなので、日中合作作品への参加など、幅広い活躍は間違いないでしょう。

スポンサードリンク

第1話のあらすじ

施設育ちのシングルマザー・青山沙羅(知英)は協調性もなく、こらえることも苦手な性分。仕事も長続きせず、一人娘の萌絵(庄野凜)を養母の冴子(麻生祐未)に半ば取り上げられ、孤独な日々を送っていた。
「お金さえあれば、一緒に暮らせるのに…」。

そんなある日、駅のホームでひとりの女性に出会う。女性は沙羅と同じ顔をしていた。衝撃を受ける沙羅。が、次の瞬間、女性は疲れた顔でホームに飛び込んでしまう。周囲にいた人々が騒がしくなる中、沙羅は衝動的に自殺した女性が残したバッグをつかみ、その場を立ち去る。バッグの中にあった運転免許証を見る沙羅。自殺した女の名前は椎名真緒子(知英)。そして、バッグには携帯と、鍵が入っていた……

沙羅は養護施設から一緒に引き取られた弟・薫(西銘駿)に、自分の身に起こった不思議な出来事を話し、薫の制止を無視して真緒子の家に向かった。真緒子の家は、横浜の高級住宅街にあった。同じ顔なのに、自分と違い幸せそのものの真緒子の生活に悔しさが募る沙羅。部屋にあった真緒子の写真には、恋人らしき男性と写ったものが。なぜ自殺を?沙羅はそんな疑問を抱く。やがて沙羅は、部屋の中から預金額750万円と記された通帳を発見。この金を自分のものにすれば、萌絵や薫と新しい生活を始められる!そんな時ネットニュースで自殺した真緒子の身元が不明のままであることが判明。「…薫。私、いいこと考えちゃった」…真緒子と入れ替わることを思いついたのだ。

真緒子になりすまし銀行に向かう沙羅。しかし、そこで不意に強面(こわもて)の男に車に連れ込まれる。何が何だか分からず逃げようとする沙羅に男がいい加減にしろと叫ぶ。男の名は金城(岡田浩暉)。真緒子の同僚で刑事だった。刑事の振り風なんて出来るわけがない。作戦を中止しようと薫に電話する沙羅だったが、その頃、薫はすでに沙羅の死亡届を受け取ってしまっていた。

真緒子のふりを続けざるを得なくなる沙羅。とにかく、銀行で750万円を下ろすまで。下ろしたらすぐに萌絵と薫と3人でこの町から逃げ出す。薫とそう約束する沙羅。ところが、その晩。海外出張に行っているはずの真緒子の婚約者・岩城槙雄(山崎育三郎)が突然帰って来る。「何か、いつもと違う……」。槙雄が不審げに沙羅を見る。追い詰められた沙羅は……!?

オーファンブラック七つの遺伝子(ドラマ)2話感想!西銘駿がおねえ全開?!

1話の感想まとめ

・知英が一人3役の活躍ぶり|自分とそっくりな別人が、目の前で自殺!その人に成り代わろうとするが・・・とりあえずスタートのスピード感は悪くな…>

・1話。施設育ち…イントネーション…韓国の友達が多いのかな?。 警察官だから日本人…イントネーション…韓国育ちなのかな? ハングルの書類…顔が同じ…整形か?いや双子か…えっクローン?あ〜七つの遺伝子ね。 イントネーションの裏付けあるのかな。

・知英の オーファン ブラック七つの遺伝子 めっちゃ面白い

スポンサードリンク

オーファンブラック七つの遺伝子(ドラマ)2話感想!西銘駿がおねえ全開?!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2017年 12月10日