「大家さんと僕」(矢部太郎)感想・ネタバレ!最終話の衝撃とは?

お笑い芸人・カラテカの矢部太郎さんが描いた漫画が人気だそうです!

あっという間に10万部超えで平愛梨さんや糸井重里さんも大絶賛の本なのだとか。

気になったので、調べてみました。

スポンサードリンク

カラテカ・矢部太郎とは?

1997年に高校の同級生だった入江慎也さんとお笑いコンビ「カラテカ」を結成します。

スワヒリ語・モンゴル語など5か国語をマスターし気象予報士の資格も持つ人なんです。

多彩な方なんですね、そして、今回漫画まで!本当にスゴイ!

「大家さんと僕」とは?

大家さんとの実体験を描いた漫画で2017年11月に出版し、わずか4週間で11万部を超える超話題作!

平愛梨さんも糸井重里さんも大絶賛しているんですよね。

あと、ナインティナインの岡村さんもインスタグラムで紹介してた。


スポンサードリンク

「大家さんと僕」の内容は?

矢部さんが暮らす家の1階に住む88歳の大家さんとの心温まるエピソードが描いてあり、このおばあさんとの出会いが矢部さんの運命を変えたのだそうです。

 

矢部さんは、8年前にこの家に暮らすことになったそうです。

1軒家の2階に住んでいるためか、大家さんとの距離感がめちゃくちゃ近くて、雨が降りそうだと洗濯物を取り込んでくれたりしてくれたのだとか。

そして、ついには、一緒に鹿児島に旅行へ行く仲になるほどだったそう。

「大家さんと僕」の感想は?

・素晴らしい作品ですよね😊 読了したとき感動してTwitterしたら、矢部さんからお礼のお返事頂いて更にびっくりしました✨

・ラジオ聞きました☆映画化もあるかもですね😊

・カラテカ矢部さんの「大家さんと僕」読んだ。ラジオで紹介されていたのをきっかけに興味本位で読んでみたんだけど想像以上に良かった…!!今年読んだ漫画の中でかなり上位にくいこむくらいに。時折見えてくる大家さんとの生活の終わりの予兆が本当に切ない。後半は自然と涙がでてきた。

・「大家さんと僕」を読んだ。なくした大切なものを受け取ったような気持ち。

・読みました。心温まりました❤️読んでみました🙌面白かったです😊心がホッコリしましたよ︎⤴︎ ⤴︎

・読みましたーー!ほんわかほっこり泣けて笑える素敵な漫画でしたー

・こちらの本ちょうど本日読ませていただきました!矢部さんとても素敵な方ですよね。ほっこりと温かい気持ちになって泣いちゃいました😢✨

・「大家さんと僕」続編が待ち遠しい!

矢部さんは、大家さんに対して、もう家族みたいな感情なんですね。

これから、テレビや映画になるかもしれない予感があります。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

大家さんと僕/矢部太郎【1000円以上送料無料】
価格:1080円(税込、送料無料) (2017/12/21時点)

 

矢部さんのお部屋ってどんな感じ?

22畳でワンルームの家賃が9万2千円なんだそう。

場所にもよるけど、これって、都内なら破格の安さに思えるんだけど。

1日に2通も大家さんからお手紙が届くのだそう。

大家さんにも漫画の下書きをチェックしてもらったりもしてるんですって。

ただ、ちょっと困るのは、大家さんが矢部さんにイロイロ下書きの追加をお願いしたり、相方の入江さんが苦手って言ってきたりして、ちょっと困ってしまうそう。

他にも、60代の女性をお付き合いする女性として紹介してきたり…

丁寧な話し方も勧められたりするんですって。

大家さんのご主人の洋服をもらってと言われたことも。

でもでも、全部、漫画のネタになるから、面白いし、何しろ、矢部さんのおかげで寿命が延びたって言われているんですって。いい話!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

大家さんと僕/矢部太郎【1000円以上送料無料】
価格:1080円(税込、送料無料) (2017/12/21時点)

 

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。