木の実ナナは化け物と言われてる?現在の活動状況は?

木の実ナナさんが徹子の部屋に出演ましたね。

もう70歳なんですよね。でも相変わらず、とっても元気なんだとか。

そんな木の実ナナさんの元気の源って何なのでしょう。

また、化け物と呼ばれてるって本当?今は何してるの?

気になったので調べて見ましたよ。

スポンサードリンク

プロフィール

名前:木の実 ナナ(きのみ なな)
本名:池田 鞠子(いけだ まりこ)
生年月日:1946年7月11日(70歳)
出身地:東京都
身長:160cm
血液型:B型
所属:ダンカンミュージック

木の実ナナのインパクトがスゴイ!

そういえば、去年の秋ドラマ「とげ」に出演してましたよね。

やたらクレームをする名物おばさんという役柄だったんですけど、木の実ナナさんってどうして、こんなにヒョウ柄が似合うのでしょう

そして、このめがねも!似合いすぎです。70歳でこのめがねが似合うのってナナさんしかいないよ!かっこよすぎだわ!

まあ、もともと、パンチの効いた容姿には定評があったもんね。ミュージシャンのティナ・ターナーに似てると言われてたこともあったよね。

いや、もう、かっこよすぎ!なんだろう、島国の日本では治まりきらないパワーがあるよね、ナナさんには。

確かに、ナナさんはハーフと間違えられることもあるような目鼻立ちがはっきりした顔でしたもんね。

スポンサードリンク

木の実ナナの若い頃

これは、北野武の自伝「たけしくん、ハイ」でたけしの母親役をやっていたときの写真なんだけど、本当に、たけしの母って感じのインパクトがあるよ。

この時、共演したたけし役の子役とは、今でも仲良し、子供のいないナナさんにとっては、子供みたいな感情があって、良くナナさんの自宅にもお泊まりで遊びに来ていたんだって。

面倒見の良い、情の厚い人柄を感じるよね。

木の実ナナが化け物と言われるワケ

だけど、ナナさんが化け物と言われるワケって、実は、70歳になっても、今でも、とっても元気だってこと!

確かに、70歳になった今でもパワフルに舞台もドラマもこなしてて、若い頃と変わらぬ声量とダンスの上手さを維持出来ているっていう体力と精神力が化け物なみって言われても当然だよ。

いつか、ナナさんの元気の源を紹介する本の出版とかあるかもしれないよね。

木の実ナナの化け物エピソード

ナナさんって、一昨年に舞台「南阿佐ヶ谷の母」公演後に、左大腿骨を骨折したのに、翌日には車いすで舞台に立ったんだよね。すごい!

朝にホテルで骨折して、その日の舞台は午後3時から。誰もが、舞台中止と思った中、ナナさんは、お医者さんに掛け合い、車いすでなら公演しても良い、と言われ、すぐさま、車いす用に台本を書き直してもらい、公演時間が遅くなったものの、無事に公演を成功させたんだって。

このプロ意識のすごさには脱帽だよ。感動すら覚えるわ。

そのまま、車いすで公演を乗り切り、公演最終日の翌日に手術をしたんだって。

私は、骨折したことないから、分からないけど、痛いのはどうやって我慢したんだろう。

木の実ナナの今の活動は?

そして、今年は、デビュー55周年を祝う記念コンサートを下北沢で開催するのだそう。

ナナさんは、今、下北沢に住んでいるから、その愛着のある町でコンサートをするって言うのもステキだよね。

このコンサートでは、オリジナル楽曲から石原裕次郎さん、美空ひばりさんの曲など、ナナさんの歌声をたっぷりと楽しめるラインナップになっているんだって。

どんなコンサートをするのか、楽しみ。

木の実ナナの更年期うつ病の症状とは?若い頃の画像は?

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です