願望リストを作成する

自分の本当の願望に気づく

とりあえず、とか

こんな感じかな、となんとなく決めたモノは

本当の願望ではないそうだ。

だから、自分の本当の願望に気がつくために

ただ、思いつくだけでワクワクするような

嬉しい自分の願望を探す。

そのために願望リストを作成する。

願望リストとは

頭で思いついたことを

あやふやなまま

頭の中で放置するのでは無く

視覚化することで、かなり、現実味を帯びてくる。

どんな自分になりたいのか

どんな成功や幸せを望んでいるのか

欲しいもの

やってみたいことなど

思いついたときに思いついたまま

書き出すことで

願望の内容をより具体的に明確にすることが出来る。

文字や、文章にすることは

孤独な作業だけど、

真剣に自分と向き合う気力も大切かもしれません。

願望リストの作成を

自分と対話するつもりで楽しんで出来るといいですね。

私は、文章など書くのはツラくないので

自分との対話ってのが、結構、面白いなって思って取り組めました。

願望リストの例

どこで、どんな風に暮らしていますか?

将来は、どこで、どんな風に暮らしていますか?

望ましい友人や、家族との関係は?

食事、睡眠、運動など、健康のために気遣っていることは?

顔、髪型、肌、体型、服装など現在の姿は?

どんな容姿になりたいですか?

どんな性格になりたいですか?

得意なことは何ですか?

苦手なことは何ですか?

趣味は何ですか?

欲しいものは何?(可能な限りたくさん、形、デザイン、価格など具体的に)

夢や望みは何?

仕事の内容は?

仕事面での最大の能力は?

収入額は?

達成したい経済レベルは?

人生で達成したい最大の目標は?

やってはいけないこと

願望を抱いても、どうせ、叶うわけがない、って

思っちゃいますよね。

でも、そういう発想をするとその思いが叶っちゃいます。

出来ない、という目標達成へと未来が動き出すからです。

また、他人と比較したり、激しいライバル意識から出てくる

願望も注意が必要です。

過去の体験や、コンプレックスから生まれた願望は

ありのままの願望ではないからです。

だから、本当の自分に向き合い、

本当に自分が望むことは何なのか、考えてみて下さい。

それに、ふと、思いついて、自分が楽しくワクワクするような

そんな願いが叶ったら、それって嬉しいですよね。

そんな風に思った願いを叶えられるように

自分を認めることも大切です。

結局、比較やライバル意識って、

自分を心の中では認めていないから

生まれる感情なんでしょうね。

ただ単純に自分がワクワクすることを思って

願望リストを作ると良いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。