カルテット(ドラマ)3話の来杉有朱(吉岡里帆)の名言とは?ネタバレ注意!

カルテットの3話は、すずめちゃんの過去が明らかになりましたね。

すずめちゃんが、自分の気持ちを打ち明ける瞬間にキュンとしちゃいました。

今回も、素敵な名言がいっぱいで、思わず、書きとめたので名言集にまとめてみましたよ。

スポンサードリンク

オトナは誘惑して

2話の一場面ですけど、目が笑ってない感がたっぷりで、ゾワッてします。
3話は、そんな吉岡里帆ちゃん演じる元地下アイドルの来杉有朱(きすぎ ありす)ちゃんの名言からまとめてみました。
 
有朱「なんで彼氏、作らないんですか?」
すずめ「なんでかな?告白とか苦手で。」
有朱「告白は子供がするものですよ。オトナは誘惑して下さい。」
すずめ「誘惑?」
告白って子供がするものなのね。オトナは誘惑って、なんか、カッコイイけど、ちょっとめんどくさそうだな。

人間を捨てる

有朱「誘惑は、まず、人間を捨てることです。」
すずめ「人間を捨てる?大丈夫ですか?」
有朱「だいたい3つパターンがあって、猫になるか、トラになるか、雨に濡れた子犬になるか」
すずめ「猫?トラ…、」
個人的には、トラも雨に濡れた子犬も気になるー。
全部、教えて欲しかった…
トラだと、やっぱり襲うんだろうな。
肉食女子みたいな?
確か、トラって、静かに静かに近づいて、急所にかみつくんじゃなかったっけ?
なんか、怖すぎるかも。
あと、雨に濡れた子犬って何?
本当に濡れて追いかけるとか?
上目遣いで見つめるとか?
寂しい寂しいかまってかまって、優しくしてくれたら、すっごい勢いで飛びつくからね、みたいな?
気になるわー。
すずめ「じゃあ、猫で。」
有朱「まず、布団に潜り込みます。」
有朱「あー疲れちゃった…」
[ad#co-1]

ペットボトル1本分

有朱「キスしちゃったらダメですよ。いつキスしてもおかしくないぞ!の距離を作るまでが女の仕事です」
有朱「ペットボトル1本分の距離を保ってください。女からキスしたら、男に恋は生まれません。」
もう!可愛すぎるッ!
この可愛い2人の絵面がたまらない。
もう、キュンキュンしちゃうわ。
2人とも、鼻がスッとしていて、頬骨の高さもスゴく良いよね。
美人は、横顔も美しすぎるわ。
で、何?ペットボトル1本分って、どきどきな距離感。
女からキスしたら、恋は生まれないって…
そうだったのか…
これが、はじめの誘惑につながる訳ね。
そして、この後…すずめちゃんは、思いを寄せる別府さんに有朱から教えてもらったテクニックを実践するってこと?
もう、なんか、気になり過ぎる…
この後は、別府さんとの2ショットが…次のページへ
[ad#co-1]

ページ: 1 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。